解体された灯油窯の扉部分。内側のレンガは外されています。


本体部分。こちらも内部のレンガはすべて外されています。
庭に設置して復元します。
内部が無くても二人ではとても運べない重さ(100kg位?)なので後日運びます。


バーナーは左右2箇所付きます。

Similar Posts:

    知り合いで陶芸教室をしていた方から、処分寸前の陶芸用灯油窯を譲ってもらうことになりました。 耐火レンガが取り外されていて…

    先月から”捨て切り間伐”の作業をしていますが、一日中チェーンソーを使っているとかなり身体にこたえます。 できるだけ負担…