2020.3.4 冷蔵庫に保存しておいたブルーベリーの挿し木

冷蔵庫に保存しておいたブルーベリーの枝です。 ラビットアイ系とノーザンハイブッシュ系です。品種は分からなくなってしまいました。


芽が膨らんできています。


挿し木用の土はピートモスと鹿沼土を同量混ぜたもの使います。
乾燥したピートモスは水を吸いづらいので、挿し木をする前に、混ぜながらジョウロで水をかけ、たっぷり水分を含ませておきます。

枝は鋭利な刃物で斜めにカットします。
土にそのまま挿すとカットした面が傷んでしまうので棒で土に穴を開けた中に挿し、土をかぶせます。



挿し木の隣には昨年夏に採種したブルーベリー種を蒔きました。(写真では小さすぎて写らない)
こちらも瓶に入れ冷蔵庫で保存しておきましたが、思った以上に乾燥してしまっていたので、発芽はしそうにありません…。
ブルーベリーの種が発芽するには光が必要(好光性)なので覆土はしません。


乾燥しないようビニールをかぶせ、暖かい屋根裏部屋で管理します。

Similar Posts:

    鉢植えのブルーベリーを植え替えました。 鉢から引き抜くと雑草の根が密集していて苦しそうでした。 バケツに水を入れて、根を…

    3年前から育てているブルーベーリーが紅葉しはじめました。 これは、多分ノーザンハイブッシュ系のブルーベリーです。もう葉が…