ホンマの鋳物製薪ストーブが寿命

購入から11年経過したホンマ製の薪ストーブMS-403TXです。
バッフルプレートが変形して、煙の通り道を塞いでしまっているようで、煙突の引きが悪くなってしまいました。
変形・破損したバッフルプレート
おそらく建材や針葉樹を焚くことが多かったので、温度が上がりすぎて変形、破損したのではないかと思います。

バッフルプレートを交換すればまだ使えそうですが、背面の内側にあった鉄のプレートも昨年割れてしまい、高温で使い続けると今度は本体にヒビが入ったり割れたりしないか心配なので、思い切って新しい薪ストーブを購入することにしました。

ノザキ産業の薪ストーブを購入

2359A型(右開き仕様)の薪ストーブをヤフオクで購入


ヤフオクといっても、中古ではなく熊本県にあるノザキ産業さんのストアから新品を購入しました。

個人宅には配送しないので、近くの福山通運の営業所へ送ってもらい、軽トラで取りに行きました。
120mm径の煙突セットも一緒に購入しました。

発送は営業所止めです

福山通運の営業所ではフォークリフトで軽トラの荷台へ乗せてもらいましたが、家では自力で降ろさなくてはなりません。
軽トラに載せた薪ストーブと煙突セット

本体は木箱に入っています。113kgと書いてあります。二人でやっと動かせる重さです。

軽トラから下ろすときと家に上げるときは、耕運機などを軽トラに乗せるときに使うアルミブリッジの上を滑らせました。
地面を移動するときは、丸棒4本をコロにして家族総出で部屋まで運びました。

この春まで使っていたホンマの薪ストーブと交代です。
脚を取り付けるときは、ストーブを横に倒さなければならないので、ガラスが割れたりしないよう、ストーブ内のロストルは外してから作業しました。
設置した薪ストーブ
煙突の設置は後日行います。

鋼板製薪ストーブのメリットとデメリット

メリット

  • ・急な熱変化に強い。
  • ・暖まるのが早い。
  • ・高温に耐えられる。
  • ・高温で燃えるので灰が少ない。
  • ・一生使える。

デメリット

  • ・鋳物に比べて冷めやすい。(蓄熱しにくい)
  • ・鋳物に比べて高価なものが多い。
  • ・高温になるため鋳物ストーブよりも防火対策コストがかかる。

コスパのいい鋼板製薪ストーブ

私が購入した「ノザキ産業」さんの薪ストーブの他にもコスパのいい鋼板製薪ストーブを見つけました。
山のえんとつ屋


Similar Posts: